ラブプラスと好感度と友人のI君

ラブプラスといえば、DSの恋愛ゲームで、リアルタイムでバーチャルな恋人とデートしたりするもので一番の特徴といえば、現実世界の時間経過と同じ時間経過をゲームが行うことであり、現在が10月4日の夜であればゲームでも10月4日の夜という設定になっている。

そんなラブプラスを友人のI君が購入した。

ラブプラスとI君という関係はある意味、鴨プラスねぎともいえる取り合わせで、まさに鴨がねぎ背負ってやってきたみたいな感じでどっぷりあちら側の世界にI君は行ってしまい、充実した生活を送っているようだった。

そんなI君と3Dポリゴン恋人の関係を見に行こうとI君宅へ訪れた。

ボク「(映画を見に行こうとしていたというI君に対し)やっぱりDSが座る用の席とか取っていたわけ?」

I君「そんなわけないよw」

ボク「そうか、Iならそういうこともあるとは思っていたのだがなあ。まあとりあえずボクにも(その画面を)見せてくれ」

I君からDSを借りて少しやってみたのだが、すでにセーブデータを2つ使っており、つまりは2人の別キャラとデートしているようであった。ゲームの内容としては、I君のぺんぺん草も生えないような茫漠とした青春時代を取り戻すには充分なほどの恋愛ゲームであり、時折操作方法を聞くボクに対して答えるI君があくまでゲームのキャラクタに対して「さん」付けなところが、このゲームの根の深さを物語っていた。

ボク「うーん、これはすごいね。とりあえずIがこれ以上3Dポリゴン化しないためにもセーブデータを消すから消し方教えて」

I君「ちょwwwそれはやめてくれ。明日大学時代の友達から一緒に遊ぼうと誘いがあったんだけど、(ゲームのキャラと)デートしないといけないからそれを断ってるぐらいなのに」

ボク「!ゲームでデートするから断ったのか?別にゲームなんだから別に明日じゃなくてもいいじゃないか」

I君「いや、このゲームはリアルタイムと同じ時間がゲーム内でも流れているから、明日デートしないと(ゲーム内での)好感度が下がってしまうんだ」

プログラムがI君に向ける好感度は気にしても、大学時代のリアルな友人の好感度が下がることは全く気にしないI君に驚愕しつつ、I君と高嶺愛花さん(ゲーム内におけるI君の恋人)が末永くお幸せに暮らしていけるよう祈るばかりである。

— posted by ボク at 11:40 pm  

一斉清掃と友人のI君

ボクの所属している団体が市民一斉清掃に参加した。いろいろなボランティア団体が参加しており、そこには一緒の団体に所属する友人のI君もいた。

清掃は徳島駅前から始まり眉山下の阿波踊り会館前までの道を行うのだが、結局戻ってくるのだからということで、阿波踊り会館近くの東新町商店街の駐車場に車をとめ、歩いて駅前まで向かうことにした。

歩きながらこれから拾うごみは落ちてるかなあと探していたのだが、それほど目に付くようなごみはない。これはあんまりすることがないんじゃないかと思っていると、一緒に歩いてあるI君の向こう側にある電話ボックスの中に、ペットボトルが捨てられていた。

そこでボクが

ボク「あ、ごみがあるよ」

といったところ、勘違いしたI君が

I君「おいおい、私はごみじゃないよw」

ボク「! いやIのことを言ってるんじゃなくてそのペットボトルのことだ。つうか、そんな風に(ボクの発言を)捉えるなんていろいろ追い詰められてるんですかw」

I君「w」

こんな会話がありつつ、我々は駅前に無事集合し、ボランティア団体専用の大きなゴミ袋を持ってごみを拾い出したのだが、ボクはゴミ袋持ち係になり、皆が散らばって集めてきたごみをそこにひとまとめにして運んでいくことにした。

I君も手際よくいろいろなごみを集めてくるのだが、ちょっとテンションが上がったのか少し小走りで、ごみを入れやすいように大きくゴミ袋の口を開けているボクの方に近寄ってくるなり、けつまずき、なんとI君ごとゴミ袋の中に入っていきそうになった!

ボク「ちょwwwこれは燃えるごみ用だからIはまさか自らのことを・・・!!!」

そんなこんなで一斉清掃も終わり、気分の晴れ渡ったわけだが、ただ一つ、I君は自分自身を一体どういう風に思っているのだろうという疑問だけが回収できないまま日曜の午前を過ごしたのだった。

— posted by ボク at 12:08 pm  

義妹と占いに行く

義妹は妹なのにボクより年上なわけだが、そんな義妹は占いが大好物である。

ボクといえば、小学校の頃、ものすごく占い的なものが好きだったが、今では全く興味を失ってしまった。なので、大人になっても占い好きな人を見ると、完全に上から目線で、それはボクが小学生の時に通り過ぎた道、みたいなことを思ってしまう。

まあそんな占い大好き義妹と全否定のボクという対極にある二人が、当然義妹の提案で占いに行くことになった。というかまあ、ボクは占ってもらうというより運転手である。

なお、なぜボクが連休中に義妹と行動を共にしているかといえば、義妹の姉、つまりボクの妻が東京に旅行に行き、その間の犬の散歩という最大のミッションをボクに丸投げしていったため、妻宅に行く機会が多いからである。

で、某占いをしてくれる店に行き、早速義妹が占ってもらっていると、中年女性(50歳から55歳ぐらい)3人組が入ってきた。

いろいろと店の人と彼女等が話しているのが耳に入ってきたのだが、

中年女性「夫との相性を占って欲しい

という発言まで飛び出すにおよび、ボクはいまさら長年連れ添ってきたと思われる夫との相性を占ってどうする気だ、というか長いこと一緒にいたら占わなくても相性ぐらいわかるだろ、てか完全にこの人離婚する気じゃねえか、と心の中で叫んでいた。

そんなこんながありつつも、結局義妹が義妹本人・ボク・義弟の三人を占ってもらったのだが(ボクの妻が占いに入っていないのは、下手にボクと相性が悪いとかいう結果が出ると妻の機嫌を損なうおそれがあるためであり、この占いは口頭で説明してくれるけれどもプリントアウトした物をくれる形式をとっている)、ボクや義妹の結果には「最高の徳と幸運」とか「生涯安泰」「お金と衣食住の星」等いくつも良い事ばかり書いてあるのに、義弟は

「言葉にトゲ・陰湿」

と、完全に悪口としか思えないことが一つ書いてあるだけだった。嘘でもいいからちょっとぐらいいいのを書く必要があるのではないか。

— posted by ボク at 10:06 pm  

バガミミ氏からの電話

友人のバガミミ氏は結構声がでかい。例えば、電話がかかってきた場合、周りに彼の声が丸聞こえになるぐらいでかい。

そんなバガミミ氏から電話がかかってきた。そのときボクは妻とご飯を食べていたのだが。

バガミミ氏「かめいちゃん、前に女紹介してくれっていってただろ?いい人がいたよ!(隣にいる妻に丸聞こえしているぐらいものすごいでかい声で)」

ボク「ブハッッッ!!!(´Д`)」

なんせ思いっきり吹いた。一体バガミミ氏は何のことを言っているのだ。ボクは結婚しているので、というかそれ以前に、バガミミ氏に女性をボクに紹介してくれなど言ったことはない。てか、バガミミ氏だけではなく、誰に対してもそんなことを言ったことが無い。

で、ふと思い出したボクは妻にも聞こえるようにものすごい説明口調で、

ボク「ああ、そういえば、知人の●●君が彼女がいないっていってたから、この前その●●君に会うような女の人はいないかって俺が言ってたわな。その●●君に紹介する女性のことだな?

バガミミ氏「そうそう、その●●君だよ。前に言ってた人ね。名前覚えて無くてなw」

バガミミ氏はボクの家庭が危うく崩壊しかけていたことをこのときは知る由もなかったのである。

— posted by ボク at 12:40 am  

記憶力と友情と友人のI君

徳島市内には橋や郵便ポストなんかに阿波踊りの銅像が立っていたりレリーフが埋められていたりする。行政書士会の広報雑誌にこの銅像の写真がつかえないかなと前から思っていて、以前自転車に乗って写しに行ったこともあるのだが、間違って全部削除してしまったため、再度撮りなおす事にした。

で、一人で行くのもなんだかなーという感じなので友人のI君を誘い市内へゴー。

その車中での会話。

ボク「そういや、前にIのブログで友情を失ったのは自分が悪いから許して、的なことを書いてあったけどあれって誰宛?」

I君「ああ、あれは君は知らない学校の時の友達だ。前にな、知らないメルアドからアドレス変わりましたというメールが来て、誰かわからなかったので、誰ですか?というメールを送ったところ、その友人が名前を名乗って(メールで)返事が返ってきたわけよ。でな、私はその時にその名前を(携帯の)電話帳に登録していたと思っていたのだが、ちょっとたって、また知らないメルアドからメールが来たんで、また誰ですか?と送信したんだが、返事が来ない。」

ボク「ほほう」

I君「そして、誰だろうなあとずっと思っていたのだが、この前同期で遊ぶ時があってその時に前にメールくれたその友人だとわかったのだ。つまり私は最初にメールが来た時に電話帳に登録したと思っていたのに実際には登録できていなくて、相手としては自分がもう登録されているだろうと思ってメールしているのに、私が送った誰ですかのメールを、(相手としては)あなたをしらない的なメールとして考えているだろうから、怒ってるんじゃないかとおもってな。実際それから全く連絡が無いw」

ボク「ほー、しかしまあ短気なやつだな」

I君「いやあれは私が登録してなかったのが悪いのだ」

ボク「うーん、しかしそんなことぐらいで怒っていたら到底Iと友達づきあいすることはできないwそいつは徳島に住んでるやつか?」

I君「いや、今は愛媛に住んでいる・・・いや、高知?いや高松だったような気も・・・」

ボク「そんなに(記憶力的に)覚えてないんだったら登録すること自体も忘れるわなw大体、そんなことでいちいち怒っていたらIと友達づきあいなど不可能」

I君「まあなw」

ボク「なにせ、Iは20年以上付き合いのある俺の下の名前を前に聞いてきたことあったろ?それほどの男なんだからIはw」

I君「いや、あれは君のけんじのじが武士の士なのか、数字の二という漢字なのかわからないということで・・・」

ボク「普通に考えて長男の俺が二という漢字は使わないだろw じゃあ一はいったい誰なのだ。俺さえも知らない兄弟を勝手に作るなw」

I君「w」

こんな感じ。

— posted by ボク at 09:44 am  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0770 sec.
prev
2017.8
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 








リンク集
日帰りアウトドア
もっと徳島を知ろう
食欲を抑えるダイエット
FP3級の用語と計算方法
宅建試験過去問の合格暗記
日商簿記試験の合格暗記
末広茶道教室
金剛禅総本山少林寺徳島渭東道院