逆立ちしているかも知れない友人のI君

某運動をしている時の会話。

ボク「というわけで膝の使い方というのが非常に重要になってくるわけよ」

友人のI君「ふーん、しかし私には難しいな。よくわからないというか。肘の使い方ねえ

といいつつ、彼は自分の膝を触りながら少し屈伸したりした。

I君「こういう風に肘を使うってこと?」

といいながらさらに膝を動かすI君

そろそろ口を閉じておられなくなったボクは

ボク「Iよ。お前は常に逆立ちしているのか?少なくともそこは俺にとっては膝であって肘ではない」

I君「!」

I君は以前から自分の肘のことをよく「膝」と表現しているので、ボクを含めた彼をよく知る友人達はてっきり彼のことを四速歩行なのかな、つまりボク達からはどう見ても彼の腕にしか見えない彼の上半身から発生している部位は彼の認識では「前足」なのかな、それにしてはうまいこと足を使えるもんだ、と常々感心していたのだが、この日初めてボクはてっきり彼の足だと思っていた部位が実は「腕」であると彼自身は認識していることに気づいたのだった。

ということはボクが当然I君の顔だと思っている部位は彼にとっては一体何なのだろうか。もしかして・・・

— posted by ボク at 09:36 am  

会のPC画面をでかいモニター

すべてのケーブルを接続し、いったんPC側の電源を切ってから電源を入れないとあの謎の機械へデータが送られない。この文章は純粋にただの備忘録です。

— posted by ボク at 11:03 am  

メガ盛と友人のI君

友人のH君と二人で話していると、彼が友人のI君の話をしだした。

H君「Iの職場の人が辞める時に、その人が自分で買った仕事で使う道具をもらおうとしたという話になったんだよ。そこで俺は(仕事を辞めざるを得なくなって傷心しているであろう同僚の)道具をくれなんていうのは倫理に反することだから止めろと言ったんだ。するとIが言うには自分はその辞める同僚の世話を散々しているからもらう権利があるとかいうんだよ。そこでな・・・」

その後H君の話は続き、その行為が倫理的に許されるのかを(我々友人達に)聞いてみようといったらI君がそんなの多数決で決めるのかと反論してきた、と力を込めてボクにこのI君の行動の賛否を聞いてきたのだが、ボクはその賛否より何より、「I君が辞める同僚の世話を散々した」という点が気になって仕方が無かった。

これは何かとんでもない事実誤認がこの話には含まれているに違いない!そうボクのI君レーダーがびしびし反応しているのだ!!

それから20日後、つまり昨日、食あたりして苦しんでいるとか言っているI君が仮病でないかを確かめるためI君宅を訪ね、その流れでI君と図書館へ行くことになった。その帰り道での会話。

ボク「前にHと一緒に飯食って話していると、Iが同僚の人の道具をもらうとかいう話をしていたんだが、あれってどういうこと?」

I君「ああ、その話か。さっき言ってたとおり(仕事がつらいから辞めたいお、とか早くも言い出したI君に駄目出しの限りを尽くしていたのだ)、一緒に入った同僚がな、入って4日で急に辞めてしまったんだよ。その人のことだ」

ボク「ん?4日!?その人は4日で辞めたのか?」

I君「そうだよ。すぐにやめてな。あの人はこの仕事をかなり適当に見ている感じだったから好きでなかったんだがな。どうせ辞めるならと思って」

ボク「そうか、4日で辞めたのか。4日で辞めたら世話するも何も無いんじゃないか?」

I君「(ボクの言っている意味がよくわからないようで)ああ、世話なんてしてないよ。まあちょっと話したぐらいかな

ボク「ちょっと待て。ボクがH君に聞いたところによると、Iはその人の世話を散々したから道具をもらう権利があるとのたまったとのことなんだが?」

I君「!・・・ああ、世話をしたというかなんというか、まあちょっとやり方を教えてあげたり、そうそう、その人が研修が終わった時に(みんなに)お世話になりましたと挨拶してたから、私がお世話したと考えてもいいんじゃないかなw」

ボク「俺はどうもこの話は(H君から話を聞いた)最初からなんかおかしいと思っていたのだ。Iが散々人の世話なんてするわけが無い!」

I君「いやだから、挨拶してたから・・・」

ボク「そもそも4日しかしてない研修でちょっと話したぐらいでそれがどう散々世話をしたという話になるのだwそういう挨拶は社交辞令だろう。ロック氏がよくIの話は盛っている(話をでかくする)といっているが、これはちょっと盛ったなんていう話じゃねえぞ!メガ盛だ!!

I君「メガ盛w」

働き出してからのI君は人格まで変わってしまったのかと心配していたが、いつものようにメガ盛りトークたっぷりで周りを事実誤認の嵐に巻き込む、ボクが小学一年生から知っている人格のI君と何も変わってなくてほっとした。

— posted by ボク at 03:02 pm  

お金に窮々な友人のI君

ツィッターをみると友人のI君が今日は仕事が休みだとのことだったので昼飯に誘ってみた。そのときの会話。

ボク「飯食いに行こうぜ」

I君「いやあ、今全然金がないのよ。今月は後1000円で過ごさないといけないのよ」

ボク「いや、今日は6月2日なので、月末まで毎日30円ちょっとで暮らすのは某シールの入った駄菓子も今では30円では買えないから無理かと思われます」

I君「wいや、そうじゃなくて10日に給料日だからそれまでは」

10日に給料日だったとしてもおよそ8日間を一日当たり125円で暮らしていかねばならないわけで、30円と比べても95円しか改善されていないのだが、それは華麗にスルーした。

ボク「そうか、じゃあしゃあねえな。」

I君「まあ、会社に前借したら金は手に入るんだが」

ボク「いや、常にいつ逃亡辞めるかわからないIが金借りるのはいろいろ問題が起こるので止めておいた方が・・・」

I君「ああ、前借というか、うちの会社は日払いもしてくれるから、それに変えれば大丈夫なんだけど、私って面倒くさがりだから月払いにしてもらっているのよ。

ボク「いやしかし、Iの場合、(注1)何日働いたかを覚えてないから・・・」

I君「そのために手帳に(働いた日を)書いていってるのよ」

ボク「しかし、Iの場合、(注2)自分が何を書いたか字が汚すぎて読めないから俺になんて書いてあるか聞いてくるじゃないか」

I君「さすがに数字なら読めるはずと思う(自信なさげに)」

ボク「さらにいえばだ、Iは(注3)その書いている手帳自体を失くして俺にどこにあると思うか聞くではないか」

I君「まあそうだが・・・w」

結局、I君は金がないということで、昼飯は一人で食うことにした。

ただ、ボクは知っているんだ。1000円しかないのはあくまで食事代であって、通販で買ったアイドルDVDとゲームは(おおげさでなく)毎日彼の家に届けられているということを。

なお、上記の注1~3までは実際にI君が行った実話である!

— posted by ボク at 01:30 pm  

矛盾とラーメンと友人のI君

友人のI君と某ボランティア活動に行き、腹減ったその帰りの出来事。我々はI君お勧めのラーメン屋に行くことになったのであった。

その車中。

ボク「実はな、昨日中華料理を妻と食べに行ったのだ」

I君「ほー、しかし最近脂っこいものって腹にはいらなんだよなー」

ここで少々説明が必要だろう。I君は現在ダイエット中であり、自分で脂っこいものは食べられないと思い込もうとしているのだ。

ボク「ほほうそうか。しかし、俺たちが食いに行くのってラーメンだろ?何でラーメンなの?」

I君「私がお勧めのこのラーメン屋はこってりとした味でボリュームがあるのだ。ああ、腹減った!」

ボク「ちょwお前、今脂っこいものは腹に入らないといったじゃないか!それでこってりって・・・」

I君「w」

ボク「俺が普段Iに言っているのはまさにそういうところなんだよ!」

その後、店に到着したI君はチャーシュー麺大に煮卵とすりおろしにんにくをトッピングし、まさにこってりとガッツリ食べた。

多分、1000年ぐらいしたらI君のいろいろな逸話はことわざになってるんじゃないかと思う。

— posted by ボク at 06:10 pm  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0169 sec.
prev
2017.6
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 








リンク集
日帰りアウトドア
もっと徳島を知ろう
食欲を抑えるダイエット
FP3級の用語と計算方法
宅建試験過去問の合格暗記
日商簿記試験の合格暗記
末広茶道教室
金剛禅総本山少林寺徳島渭東道院