おとんとかおかんとか、時々おふくろ

皆さんは自分の親をなんと呼んでいるだろうか。春日部市の幼稚園児のように自分の母親を名で呼び捨て、という人もいないことはないだろうが、多くの場合、「お父さん(父さん)」「お母さん(母さん)」がほとんどで、だいぶ割合が減って「パパ」「ママ」と呼ぶ一群がいるってな感じの割合じゃないだろうか。少なくとも、ボクが物心つくまではほとんどみな上記のどれかの言い方であり、例外はなかった。しかし、あれはボクが中学生ぐらいになってからだろうか。唐突に親のことを「おとん」「おかん」と呼ぶ人々が現れた。それまでは当然「お父さん(父さん)、お母さん(母さん)」「パパ、ママ」を使用していた人々がだ。その原因はもちろん、漫才コンビ『ダウンタウン』がテレビなどで自分の親のことをそう表現していたことが広まったからである。それまでは自らのことを「お母さん」と呼んでいた子供が、ある日突然自分のことを「おかん」と呼び出したことに気づいた時の母親の気持ちはいかばかりであろう。「おかん」は「お母さん」の略語であることはもちろんだが、明らかにニュアンスは違う。なんとなく親と距離をとった表現とでも言おうか。いや、友人達には「おかん」と表現している彼らも親に対しては「お母さん」「ママ」はては「バブー」とか言ってるのかもしれない。そういう人も多そうだ。そんな「おとん」「おかん」を使用する人々は、まるで自分が物心ついたときからそのような表現をしていたような態度を取り、自分が「お父さん、お母さん」「パパ」「ママ」を使用していた事実を黒歴史とばかりに隠そうとするが、実際は明らかにボクが中学ぐらいまではなかった表現であり、んな言い方つかっていたはずがない。少なくともボクの周りには一人とていなかった。へて、こんな話をすると、あれは関西の方言だから、とボクに言った人がいた。しかし、ボクはものすごくディープな関西出身人を何人か知っているが、その人達は自分の親のことを「おとん・おかん」ではなく、「おっさん・おばはん」と表現しており、親自体にもそう言っている。決してきれいな言葉とはいえず、ボクのママンにおばはんとかいったら包丁がとんできそうだが、それはさておき、彼らの使う「おっさん・おばはん」は昔から使い慣れている感じであり「おとん」「おかん」のようななんとなくお前普段そんな言い方しとらんやろ、というような違和感がない。人が自分の親をどのような言葉で表現するかは、赤ちゃん時代から親が意図的に方向付けしているように思う。というか、ボクのママンによると、自身が子供の時に親(つまりボクの祖父母)をとうやん、かあやん、と呼んでいたらしいのだが、それが大人になってもふと口に出るときがあって恥ずかしい思いをしたから、我が子はちゃんと「お父さん」「おかあさん」を使うように仕向けたと言っていた。ボクの家だけかもしれないけど、親の呼び方一つとっても教育方針などが含まれているものである。そんな些細ではあるけれども個々の家の風習みたいなものが、テレビなどの影響で駆逐されていくのはなんとなく多様性がなくなっておもろくないなーとかボクは考えてしまう。なお、某友人のI君は自分の母親のことを「おふくろ」と表現していた。なんとも昭和のにおい漂う表現だ。実生活で自分の母親のことを「おふくろ」と表現していたのはボクの周りでは彼だけであり、ものすごい違和感を放っていたことを思い出す。彼はあまりにもテレビを観すぎることにより、同世代では普通は使わない「おふくろ」を共通語のような認識で使用していたのかもしれない。(参考:『前略おふくろ様』)彼も普段は「母さん」などと表現しているのだが、多分友人達と話す時に「母さん」と表現するのがなんとなくこっぱずかしかったのだろう。それで考えに考え、一周してしまって出てきた表現が「おふくろ」。これ以外にも彼は往々にしてテレビ内だけでの表現をそのまま実生活で使っていることが多々あり(例えば彼の動きはとっても歌舞伎っぽい)、そういう彼の言動を発見するたびボクはやっぱりテレビは見すぎるとよろしくない、と思わざるをえない。

— posted by ボク at 05:59 pm  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0154 sec.
prev
2007.4
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 








リンク集
日帰りアウトドア
もっと徳島を知ろう
食欲を抑えるダイエット
FP3級の用語と計算方法
宅建試験過去問の合格暗記
日商簿記試験の合格暗記
末広茶道教室
金剛禅総本山少林寺徳島渭東道院