『デフレ下の賃金変動』

この本の著者は日銀職員。そして書かれている内容が賃金の下方硬直性(賃金は今の水準からあがることはあっても下がりにくいということ、絶対に下がらないわけではない)。で、結論が賃金の下方硬直性は失業率を引き上げる。ここまで書いたら金融政策についてちょっとでも習ったことがある人なら当然思いつくのがインフレターゲット(インフレが名目賃金の上昇より高い割合で起こると実質賃金は下がるんやけど、そのインフレ目標率を決めてそれに合うように金融政策を行うのがインフレターゲット)。いろんなことを勘ぐらずにはおられない本ですね。

— posted by ボク at 09:57 am  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0154 sec.
prev
2007.1
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 








リンク集
日帰りアウトドア
もっと徳島を知ろう
食欲を抑えるダイエット
FP3級の用語と計算方法
宅建試験過去問の合格暗記
日商簿記試験の合格暗記
末広茶道教室
金剛禅総本山少林寺徳島渭東道院