Hilty&Boschが徳島にやってくる!(10月1日)

ボクはロッキン(ロックダンス)という種類のストリートダンスが好きだ。好きすぎて自分も練習している。その練習の為に使っているDVDの中で講師として出てくる『Hilty&Bosch』が10月1日に徳島に来るらしい。Hilty&Boschといえば、スローで見てもどうやって踊っているのかわからないぐらい複雑な踊りを行うチームである。いや、マジで観に行った方が良いよ。徳島ではなかなかみれるもんじゃあないです。徳島はあまりダンスが盛んじゃないからわからないかもしれないけど、この人達は世界レベルなんです。まじで。場所:そごう徳島店2F時計台前日時2006年10月1日13:00入場無料!

— posted by ボク at 09:30 pm  

 

法事

叔母の三回忌だったので法事に参加して来た。そこで坊さんと雑談したのだが、それについて。この坊さんは日本でも有数の有名な宗派の坊さんであり、ちゃんと修行を経て坊さんになっている人である。なんか将来的に悟りそうな感じの人(「今のところまだ悟ってないです」本人談)。1年ほど修行期間があるらしいのだが、そのうちの1割が脱落、つまり修行中に逃亡するらしい。1割って結構多いよね。警察な親戚によると警察学校も1割ぐらい辞めるそうな。この数字は真に興味深い。いわゆる不思議体験を修行中にしたかを聞いてみたところ、そういうことは何度かあった、とのこと。そしてそういうことが起こることは当然のことらしく、修行に入るときに「不思議体験が起こったりするけれども、それを求めて修行するわけではないので、それにとらわれないように」との注意を受けるそうな。カルト宗教とちゃんとした宗教の違いはここにもあり、カルト宗教ではその不思議体験をすること自体を求めることがある。ここでちょっと話がそれるがあえて書くと、不思議体験があったからといって、イコールその不思議体験を起こす宗教の教義が良いものだとは限らない。つまり不思議体験が起こることとその宗教が善であるかどうかは基本的に関係が無い。ボクは神や悪魔などを信じていないタイプの人間であるが、仮にそういうものがいるとして、不思議体験が起こったからといってそれが悪魔ではなくて神が起こしたかどうかはわからないはずである。なぜなら、悪魔とは前提として悪なのだから人間をだますようにできているはずであり、神のふりをして不思議体験を起こすことにより人を操ろうとしている可能性がある。もし、神が行っているか悪魔が行っているかをカルト宗教に入っている人が判別できるとするならそもそも入会する必要がないんじゃなかろうか。大抵のカルト宗教はそれを知るために上の立場の者の意見を聞けというのだから、わかるなら聞く必要が無い。このようにたとえその宗教の代表者がこの不思議体験は善なる神によって起こされたと主張してもその代表者自体が悪魔にだまされている可能性があり、又その代表者を信じ込むように自分が悪魔に操られている可能性もある。大抵のカルト宗教は善悪二元論且つ、世の中は悪にも満ちていると主張することが多いのでこんなことなど書いてみました。なお、この坊さんは自分に起こった不思議現象を心理的なものととらえているところがボクの意見と合致して面白かった。また、この坊さんが修行している時にさまざまな新興宗教や占い師みたいな人がそのお寺に来たそうな。怪しい宗教ほどええとこどりみたいなことをしたがるため、日本有数のこのお寺に来て修行もせずにええとこどりしようとしたのであろう。なお、この坊さんは占い師を起こらせたとかでその占い師に後半年で死ぬといわれてからもう10年も生きているそうな。まあ世の中そんなもんですよね。

— posted by ボク at 08:52 pm  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.2974 sec.
prev
2006.9
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 








リンク集
日帰りアウトドア
もっと徳島を知ろう
食欲を抑えるダイエット
FP3級の用語と計算方法
宅建試験過去問の合格暗記
日商簿記試験の合格暗記
末広茶道教室
金剛禅総本山少林寺徳島渭東道院