文化の森の施設

404 File Not Found

僕は結構図書館を利用する。もちろん本を借りにくるためだが、徳島県立図書館は博物館などが集合した場所にあるため、写真のようなコンサートや演劇が公演できるような施設が目に入る。しかし残念ながらよく図書館を利用する僕でさえ、この写真の施設が利用されているのをみるのはまれである。ここには屋根がないため、急な天候不順に対応できないだろうが、もっと利用されてもいい施設ではないかと思う。 なんかもったいないね。ちなみに友人のI君によればここを借りるには結構金がかかるとのこと。こう聞くと単純にもっと使用料を下げればいいのにと考えるのが普通かも知れないが、周知のとおりI君には虚言癖があるため、実際に高いのかいつものI君の思い付きからでた想像なのかはわからないのでこの点についての判断は保留の方向で。

— posted by ボク at 11:29 pm  

 

個人的防災方法

今日は防災の日だ。科学的でもなんでもなく、ボクが防災対策として一番重要なんじゃないかと思っているのは、靴は走れるものを履くべき、ということである。今の日本だと、津波でも地震でも最初の第一波を乗り切ることが出来ればなんとかなるように思う。食料などの備蓄が必要だという考えもあるが、そもそもここ徳島で食料の供給に事欠くほどの地震や津波が起こった場合つまり個人が備蓄した食糧がないと食べ物がないようなレベルの災害の場合、、家自体が壊れるレベルだったり、防災袋など取りに行く暇が無いほどの威力のものが来ている訳で、そんなものを取りに行く暇があったら先に危険箇所から逃げることの方がよほど重要であると考えるからである。どうも災害などは災害を乗り切った後のことばかりが注目されているが、どれだけ備蓄したところで災害が起こった瞬間に命を失ってしまえば備蓄など意味が無い。そこで重要なのが靴である。災害に限らず外部的要因の被害を防ぐにはとりあえずその危険な場所から逃げ出すことだと思う。つまりBダッシュ。このことからすると女性が履くヒールの高い靴など最悪である。走ることができないわ、通常時から足元がぐらぐらしているわで、何を考えてあんなものを履くのかいつも不思議である。防災訓練の時だけスニーカーをはいても意味がない。防災訓練はいつ来るかわからないことを前提に行うべきで、当然いつもと同じ格好で行わなければならない。つまり助かりたいなら普段から走れる靴を履けってことだ。

— posted by ボク at 09:53 am  

 

2006年9月1日の体重

91.3キロ。1週間ほど前には出まくった鼻水がもう出なくなった。一体何の花粉だったんだろう。

— posted by ボク at 09:23 am  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0203 sec.
prev
2006.9
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 








リンク集
日帰りアウトドア
もっと徳島を知ろう
食欲を抑えるダイエット
FP3級の用語と計算方法
宅建試験過去問の合格暗記
日商簿記試験の合格暗記
末広茶道教室
金剛禅総本山少林寺徳島渭東道院