妻の面白い一面について。

ボクの妻は結構面白い一面を持つ方である。しかし、その面白い面を家族やボクやごく一部の友人を除いて隠しているようだ。確かにTPOってものがあり、どんな人間でも同じ対応をするのは頭の悪い人のする行為なので、人によって対応が変わるという多面性を持つことは必要且つ当たり前なのだが、あまりにも面白い面をださなすぎるので、ボクの友人・知人達でボクの妻にあった人は単に彼女の印象を単なる「おとなしい人」と思っているのではないだろうか。なんかもったいない気がする。これについて何度か話し合ったことがあるのだが、ある日、妻は「自分は別に面白いと人だと認識されたいとは思わない」といった。この発言はまさに衝撃であった。ボクにとってほめ言葉で最上級なのは「面白いね」である。「面白いね」に比べたら、その他のほめ言葉、たとえば「かっこいいね」とか「頭がいいね」とか「頭が大きいね」とか「近頃太ったね」などはまさにどうでもよいことである。つまりボクは、誰もが他人に自分は面白いと思ってほしいと考えていると思っていたのだが、世の中にはそうではない人もいるのだと思い知らされた。このため、ボクは妻の面白話について全くしゃべることが許されていない。墓場まで持っていくしかあるまいて。

— posted by ボク at 11:35 pm  

 

『現代宗教2005』

図書館で新書コーナーにあったからという理由だけで読んだのだが、今ボクが考えている問題意識の参考文献として非常に役立った。特に「宗教復興と一神教」と題された対談は非常にすばらしい。これに直接的に書かれているわけではないが、これまで疑問に思っていた件につき、やはりボクの考えは間違っていなかったと再認識した。特にある宗教の研究についてこの対談で提起されているある内容は、ボクも以前から(古くは中学時代から)疑問を抱いていたことであり、ちゃんとした研究者の中でもそのような問題意識を抱いていることがわかり、自分の問題意識の方向性は間違っていなかったと確認できた。

— posted by ボク at 10:50 pm  

 

鼻毛とモテない度の相関関係。

鼻毛の長さとモテない度には強い相関関係がある。より正確に表現するなら鼻の穴から出ている鼻毛の長さと本数はモテない度は比例する。つまりこういうこと↓


1 of 212Next»

— posted by ボク at 06:28 pm  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0480 sec.
prev
2005.11
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 








リンク集
日帰りアウトドア
もっと徳島を知ろう
食欲を抑えるダイエット
FP3級の用語と計算方法
宅建試験過去問の合格暗記
日商簿記試験の合格暗記
末広茶道教室
金剛禅総本山少林寺徳島渭東道院