オウムはなぜ暴走したか。

大学寮時代、先輩と飲んでいるときにオウムの話になった。これはこの先輩が中村元さんが書いた岩波文庫の一連のブッダ関係の本を持っていたからである。その先輩は今はともかく、オウム事件が始まった頃はまさか仏教っぽいオウムがあんな事件を起すとは思いもよらず、オウムが犯人ではないと思っていた、と語っていた。この本によるとオウム信者も、当然この本の著者もオウムがなぜあのような事件を起したのか理解できない部分があるという。僕が読んだオウム事件の分析本からあの事件を極簡略化するならば、精神修養ができているならこれぐらいできるだろうという度胸試しのようなものがどんどん過激化して最終的にあんな事件まで弟子に起させてしまったのだがオウム事件ではなかろうかという気がしているのだが、なにせ教祖が裁判で事件を語らないので真実はわからない。わからないっていうのは恐ろしいことだ。

— posted by ボク at 11:25 am  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.3836 sec.
prev
2005.7
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 








リンク集
日帰りアウトドア
もっと徳島を知ろう
食欲を抑えるダイエット
FP3級の用語と計算方法
宅建試験過去問の合格暗記
日商簿記試験の合格暗記
末広茶道教室
金剛禅総本山少林寺徳島渭東道院