[ カテゴリー » 日記 ]

スピーカーと友人のI君

昼飯を食っていると友人のI君から電話があった。I君「実は君にずっと秘密にしていることがあってな」ボク「ん?なんだね?」I君「実は八月末にスピーカーを買ったんだよ」ボク「また散財していたのか。いったいいくらなんだね?」I君「30万円です」ボク「!!」I君「そしてチューニング代に12万円で、もろもろあわせて合計43万5千円です!」ボク「なんだそりゃ!!」この高額スピーカー話の前提となることとして、1.I君は現在のところ無職であり、そしてこれからも当分無職っぽいこと。2.MP3の音が圧縮されていると気づいておらず快適に音楽ライフを送っていたLink ほどの高度な聴覚を有していること。という2点に注意していただければ、このスピーカー購入がいかにとんでもないことかお分かりいただけるかと思われる。しかし、さらにI君のスピーカー話は続く。I君「それでな、チューニングに2ヶ月ぐらいかかるとか言われていたので、ずっと待っているんだけど、配達予定日になっても届かないわけよ。それでその会社に毎日電話して催促してるんだけど、チューニングがまだ終わってないらしくてさ」ボク「それって、詐欺なんじゃねーの?スピーカー詐欺。」I君「!」ボク「つうか、大体チューニングって何?Iの部屋の環境なんて向こうはわからないんだから(I君はネット通販でこれを購入している)、チューニングとかやりようがないと思うんだけど。」I君「確かに!!」ボク「なんで商品代金とチューニング代が別なのかもよくわからんし。もともと合計しとけばいいじゃねえか」I君「!!!なんだかオラだんだん不安になってきたぞ。でも公式サイトから購入してるしなあ」ボク「よくみるとその会社の名前の濁点とか抜けてない?」I君「よし、また電話かけてみるわ」数分後。I君「ちょっと聞いてくれよ、私があまりに毎日電話掛けまくるもんだから向こうも私の名前を覚えてるんだけどな、担当者が、I様の商品のチューニング中に不具合が見つかりまして、また納期が延びそうです、とこう来たもんだ」ボク「チューニング段階ですでに不良品じゃねえか!やっぱりそれはオレオレ、チューニングに時間がかかっちゃって追加料金がかかっちゃって詐欺的なはなしになるんじゃねえか?」I君「あわわ・・・wまあ、さすがに詐欺ではないだろうと思うが、私が何よりも心配しているのは納期が遅れることよりも、君がブログにこのことを書くことによってH君やバガミミ氏に私がいかに愚かなのかがばれてしまうことですよ!」ボク「いやあ、彼らはすでにわかってるだろ」I君「そういえばそうだな。じゃあブログに書いて良いや」ボク「なんにせよ、もうちょっとお金は大切に使ったほうがいいよ」I君「そうだなあ。なんせ勢いで買っちまったからな。まさに自己責任ですよ。」ボク「そりゃ自分の金だし自己責任だが、もしI以外に責任が問えるとしたら、Iの散財を規制する法整備がされていない国の不作為ぐらいだな」そう言い残し、ボクは電話を切った。果たして高額スピーカーは実際にI君宅に届くのか。新たな展開が起こったらまたこの場で報告したいと思う。


— posted by ボク at 12:08 pm   commentComment [1] 

暗いよ!県庁の廊下

ボクが所属する行政書士の支部の広報活動で支部長と県庁に行ってたわけだが、とにかく廊下が暗い。これは観念的に性格が暗いとかじゃなくて電気を消してるから視覚上の問題として暗い。多分電気代節約のためなんだろうが、あんなに暗かったら県庁職員の気分まで暗くなるんじゃなかろうかと心配してしまうレベルだ。どうせならLED電灯とかにして電気代節約しつつもっと明るくすることを切に望む。

— posted by ボク at 11:57 pm  

栗の中に潜む幼虫

ボクはあまり栗が好きではない。理由は単純であまりおいしい食べ物と思わないのだが、ボクの周辺女性は大抵栗好きであり、喜んで栗ご飯などにして食べている。で、そんなあまり栗が好きではないボクが、大量に栗をもらったのでその殻を剥けと命じられた。自分が食べもしない栗のためになぜそんなことをしなければならないのかは、結婚したらわかる、と未婚読者にはお伝えしたい。なお、先日妻が親戚の叔母(妻の父の妹)からの電話をとった後、「叔母さんにあんた夫に偉そうにしているらしいね、といわれたんやけど、これはこの前にあった法事でお母さん(妻の母、つまりボクの義母)がちくってるみたいやわ」との会話がボクとなされたわけだが、当然この発言となぜボクが食べもしない栗を剥かされるかには大いに関連がある。まあ、それはおいとくとして、ボクは大量の栗をひたすら専用バサミみたいなのを使って剥いていたんだが、その栗のおおよそ3分の1ぐらいに虫の幼虫が入っている。しかも結構でかい。ぶよぶよした感じで渋皮を剥くと目覚めたように動き出し這い出してくるのだが、栗が好物という女性は9割ぐらいの栗にはこの幼虫の卵かもしくはこの幼虫自体が内蔵されていることを知っているのだろうか。ようするにほとんどの栗にはこやつらが生息しているわけで、別に彼らを食べても害はないのだが、みたら絶対食欲はなくなるはずである。あくまで推測だが、この幼虫達は殻から出すと多分食べ物がなくなるわけで寿命が尽きるんじゃないかと思う。自分で栗を食べないボクとしては、この幼虫達もボクも栗好き女性達の被害者という観点からすれば同じカテゴリに属するわけで、うにょうにょ動く彼らを見て弱きものの悲哀を感じずにはおられなかった。


— posted by ボク at 11:49 am   commentComment [1] 

婚約された酒井美紀さんの記事とプロフィールのリンク

先日医者と婚約をされた酒井美紀さんといえば、ボクの友人が熱烈なファンであるのだが、その酒井さんの記事がヤフーに載っていた。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081004-00000031-sanspo-entLink Link で、記事の最後の方をみると『出典:日本タレント名鑑』として彼女の顔写真と名前が出ているのだが、なぜかボクの見覚えのある酒井美紀さんの顔とは違う。そしてなぜか、
お笑いタレント 酒井美紀(サカイミキ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081004-00000031-sanspo-entLink Link より引用)となっているのだが、酒井美紀さんてお笑いタレントでしたっけ?さらに、この記事のプロフィールリンクLink をクリックするとNSCに入学され初舞台はなんばグランド花月になってるんだが、いつの間にお笑いタレントに転向されたんでしょうか。心なしどころか、完璧に顔も違うし。って、これどう考えても同姓同名の違う人ですな。早めに見ないと訂正されてここに書いている内容が全くもって意味不明になりそうな感じ。

— posted by ボク at 02:11 pm  

服装とかそういうことへの欲求の低下

元々服装などにほとんど興味がないのだが、ファッションとは孔雀の雄の羽がきれいな理由と同じと考えているボクとしては結婚後さらに服装へのモチベーションは低下していた。で、このモチベーション低下はとどまることを知らず、結婚3年を過ぎた今となっては他人に不快感を与えず且つ自分の体感温度変化を防げるなら何でもいいんじゃないかとまで思い出し、さらにそこにコストパフォーマンス要素が加わった結果、基本的に無地の布でできた服が一番いいんじゃないかとの考えにいたった。よく、他人の目線なんて気にしないから服装なんて何でもいいとばかりに本当にぼろぼろの服を着たりしている人がいるが(しかもこういう人は往々にして自意識過剰過ぎて逆転して考えちゃった感がある)、ああいうのはその服だけでなく、服を着ている本人自体も他人から不快感を持って接せられるので自分自身にとって損である。別に無理に人に好かれることはないが、嫌悪感をもたれるのはさまざまな点においてマイナスが発生するのでこれはダメだ。ボクは臭いのするものが大嫌いなので、一回きたらすぐに服を洗う。このため、柄が入っている服だとすぐにぼろぼろになってしまう。この点無地ならば柄が洗濯によって落ちたりしない分、ぼろぼろ感が目立ちにくく他人に対して不快感を与え始めるのが柄物よりも遅くお得であるし、元々無地の服ってすごく安い。というわけで、昨日早速真っ白なTシャツを購入し、このブログを書いているわけです。

— posted by ボク at 08:16 am  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0720 sec.
prev
2019.4
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
 








リンク集
日帰りアウトドア
もっと徳島を知ろう
食欲を抑えるダイエット
FP3級の用語と計算方法
宅建試験過去問の合格暗記
日商簿記試験の合格暗記
末広茶道教室
金剛禅総本山少林寺徳島渭東道院