アイロンプリントでTシャツ7枚作ると半端ない疲労が残る

友人のI君と一緒にアイロンプリントでTシャツを作成したのだが、7枚一気に作成すると普通に5時間以上かかり、全体重乗せて用紙に圧力をかける為、肩こりまで発生。ほんとお疲れ様でした。


— posted by ボク at 07:48 pm   commentComment [2] 

アイロンプリントによるTシャツ作りのメモ

趣味の分野でアイロンプリントにてTシャツを作っているのだが、一枚目は豪快に失敗。失敗の要因は1.はさみが汚れており、その汚れがプリント用紙についてしまった。2.Tシャツの布とアイロンプリント用紙の間に埃がはいってしまい、アイロン前はほとんど見えないぐらい小さいレベルのものでもアイロンすると埃が広がるので目立つ。3.アイロンのスチーム機能は当然オフにしていたのだが、それでも温度が上がるにつれてしずくが少したれ始め、それによって色がぼやけてしまった。4.仕上げ用に別の用紙を乗せてまたその上からアイロンするのだが、これを行う場合、下のアイロンプリント用紙はその用紙より小さく切っていないとはみ出て縁が汚くなってしまう。5.Tシャツの前面と背面にプリントするのだが、背面の方が面積が大きく、これを貼り付けた後に前面の貼り付けを行う場合、そのままアイロンすると背面にも熱が伝わってしまい意図せずはがれてしまう。これを防ぐためには背面の部分には触れないようにシャツを折って行わなければならないが、このやり方でやると貼り付ける用紙の角度がずれがちになる。直角器などではかってやらないと大抵ずれる。こんな感じ。

— posted by ボク at 07:24 pm  

今ボクがやっていること

帳簿記帳これはもうほとんど毎日毎日無数に増えていく領収証の海にボクはおぼれつつある。POSレジ導入のための設定すでにこれは行政書士の仕事とはいえないわけだが、まあ初めてする事っていうのは大体何しても面白い。パソコンにバーコードリーダつけてレシートプリンタをつけるつもりなんだが、全くど素人であるボクがこれを一人でやろうとしていること自体が自分でちょっと笑える。オリジナルTシャツ作成の手伝い(趣味)デザインをROCK氏がしてくれているわけで、その時点で手伝いってかほぼ何もしてない。ボクはただ計画を立てるのみ。ホームページの管理設定(仕事・趣味)もはや自分でどれぐらい管理しているのかわからなくなっている。友人のI君改善運動実は友人のI君はほぼ100キロな感じから現状69キロぐらいまで体重を落としているわけで、ほんとにこれは我ながらボクのおかげです。むしろなぜ彼はもっと早くボクの言っている事を聞かなかったのかと。ボクの現状の人生はこんな感じ。 

— posted by ボク at 11:45 pm  

深夜ラジオ

妻宅の犬は二匹いて、二匹を一度に散歩に連れていくと小さい方が大きい方にちょっかいをかけて走り回り危ないので一匹ずつ散歩に連れていっている。両方合わせて一時間ちょっと散歩に費やすため、その時間中は携帯の機能を使ってイヤホンでポッドキャストを聴いたり録音した深夜ラジオを聴いたりしている。深夜ラジオの録音はタイマー予約のためリアルタイムでは聴かないのだが、この録音された放送には驚くほどCMが無い。もちろんNHKを聴いてるとかいう理由ではなく、普通に民放なのに企業CMがなく、以前はCMが入っていたであろう箇所にはただのイメージ音楽みたいなのが入っているのだ。ラジオはテレビに比べてセット等は必要無い分経費は安く済むだろうが、だからとて広告収入0でやっていけるはずが無い。これが不況を原因とするものなのか、はたまた深夜ラジオという分野自体が不況とは関係なく広告主から見限られた存在になりつつあるからなのかはわからないが、お笑い芸人等は間違いなくテレビで観るより深夜ラジオで聴く方がおもしろいのだ。理由は簡単で放送コードが深夜ラジオの方が緩いからである。青年よ、テレビを捨て外に出てラジオを聴こう。

— posted by ボク at 01:15 am  

ああしとけばよかったとか考えても無意味

とある友人と話していて、ふとボクが始めてウェブサイトを作ったのはいつか、という話になった。ボクはこれまでの人生で結構な数のサイトを作ってきたが、そのなかで一番最初に作ったのは大学一年のときに高校時代に行っていた部活のOB連中が交流できるためのサイトであった。だからもう12年以上も前になる。ホームページ作成ソフトなんて持っていなかったからもちろんHTMLは手打ちであり一ページ作るにもものすごい時間がかかった。そのサイトはがっつり放置していて且つ、無料のスペースに置いていたので今は削除されてしまってもう存在しないのだが、そんな話をすると、その友人は「そんな昔から作っていたのか。私もそういうときからホームページでも作っていたら今頃はホームページデザインの仕事でも出来たかもしれないなあ。後悔しきりだ。」と言った。で、ボク。ボク「うーん、あの時どうしていたらよかったとか考えても無意味でしょ。過去に戻れるタイムマシンが存在しない以上、あのときどうしてたらとか考えたところで考えるだけ時間の無駄だしね。つうか、本人にとっては自分の過去がどうだったかとかってほんとに意味ないのよ。考えたところで戻れるわけではないし、過去にそうだったからといって今も同じような行動をとる必要もないんだから、自分が自分の状態を変えようと思ったら今から自分の自由意思でかえたらいいだけだしな。ようするに今からホームページ作ればいいのだよ」友人「ふーん、そうかもしれんなあ」ボク「でな、重要なのが、本人にとっては自分の過去の行いとかどうでも言いというかほとんど無意味なことなんだけど、他人にとって他人を判断するのはその人の過去の行動が大きな割合を占めるわけよ。これをわかっていないやつがいてな、そいつは今から自分は変わりますとは口では言うんだけど、過去の行動からそいつを判断するにやっぱり昔と同じ事をするだろうと思ってたらやっぱり同じ事をしたわけ。他人が他人を評価する時になぜ過去が重要なのかといえば、他人には他人の自由意思はわからないから、結局過去と同じ行動をするだろうという仮定でその人のこれからの行動を判断するようになるのよね。で、これはかなりの割合で当たる。で、自分の過去の状態が現在の自分の状態に近いなら、過去の行動からの学習を現在の行動についての判断材料にできるわけなんやけど、だからといって、繰り返しになるけど、これを過去がそうだからといって現在の自分も不変で過去のままである、と考えると間違っているわけよ。時間が経過している以上、過去の自分と現在の自分は細胞からして入れ替わって別ものだから。」友人「ふむふむ」ボク「だから取り違えてはいけないのは、自分で自分の過去の行いを後悔しても無意味なんだけど、だからといって、自分は変わったから変わってからの自分で判断してくれ、自分の過去は無視してくれと他人にいっても無駄なのよ。時々本当にそういうことをいうやつがいるからな。変わったっていうなら今行うことによって未来の時点で今の行いで変わったことを証明しないと他人は自分の評価を変えてくれることは少ないよ」こんな会話をした。まあ、自由意思自体がそもそもない、という考え方とかもあったりもするわけなんですが、まあ今回の友人に対してそういう話をしてもそれこそそんなこといっても無意味としかいいようがないので、ここでは華麗にスルー。

— posted by ボク at 04:49 pm  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0290 sec.
prev
2009.3
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 








リンク集
日帰りアウトドア
もっと徳島を知ろう
食欲を抑えるダイエット
FP3級の用語と計算方法
宅建試験過去問の合格暗記
日商簿記試験の合格暗記
末広茶道教室
金剛禅総本山少林寺徳島渭東道院