子供と携帯電話

小中学生に携帯電話を持たせることの是非が最近討論されているが、あれってたぶん長電話がもったいないとかそういう趣旨が論点でもない限り、単にブラウザ機能とメール機能がない携帯電話にしてしまえば何の問題もないような気が。どうなんでしょうか。正直、小中学生にブラウザ機能とかどう考えてもいらんでしょう。

— posted by ボク at 04:19 pm  

正しい日本語と方言

某日、某新聞の夕刊にコラムニストが正しい日本語なることについて書かれてあった。内容はよくある「ら」抜き表現は正しくないので公共の電波でそういうしゃべり方をしてはいけないとかそういうことなのだが、昔から(正確には高校時代の国語教師にボクの言葉は正しい日本語ではないと言われてから)この正しい日本語を使おうと主張する人達について疑問を持っていることがある。それは所謂「正しい日本語」と「方言」の問題である。よく言われる正しい日本語とはようするに「標準語」のことだとは思うのだが、では標準語以外の「方言」はしゃべってはいけないということだろうか。例えば方言で「ら」抜き表現が普通とされる地方があった場合、それは、正しい日本語追求者からはしゃべってはいけない言葉になるのであろうか。というより、東京でさえ所謂東京語とでもいえるような「標準語」とは違う東京独自の「方言」が明らかに存在するわけで、普通に考えたら日本に住む日本人で完全な標準語を日常用語でしゃべっている人はほとんど存在しない。ようするに、正しい日本語とか言っている人だって一字一句調べたらほぼ100%は標準語ではない言語をしゃべっているのだ。ボクに対して高校時代指摘した国語教員もまさにそれで、確かにボクは方言があるが、その人も負けず劣らず方言ばりばりであった。なぜ、自分の方言はよくて他人の方言はよくないのか。というか、方言がダメなんだったら、全く現代日常用語には不要であり方言を強烈にしたとも思われる発展途上言語と言ってもよさそうな授業「古典」をなぜ平気な顔をしてあの教員は平気な顔をして教えていたのだろうか。とここまで書くと、方言は良いけど間違った日本語はダメとかわけわからんことを言い出すのかもしれないが、では正しい日本語の定義とは一体なんなのだ、ということになる。「ら」抜き表現である方言が発見されたら、即座に「ら」抜き表現は間違っていない日本語に昇格するとでもいうのだろうか。他者と意思疎通ができない独自語では問題があるが、そうでないならなぜしゃべり言葉を正しい日本語でしゃべらなければならないのかの理由がわからない。自分が強く主張していることに矛盾が生じていることさえ気づけない人は不幸だ。

— posted by ボク at 11:35 am  

バイキングと防音と友人のI君

先日、友人のI君のブログを読んでいると、彼がバイキングで遭遇して驚いた体験を書いていた。曰く、彼が肉を焼いた状態のまま、ドリンクなど取りに行って席をはずしまたそこへ帰ってきたら、全然知らないお爺さんが友人のI君が焼いていた肉を勝手に食っていたそうで、彼にとっては
「我が目を疑う光景」(友人のI君のブログより引用)
だったらしい。

しかーし!

本当に我が目を疑う光景とはこういうことを言うのだ!!

ドーン!!!


このベニヤ板の上に座布団と毛布をかぶせてそれをガムテープでぐるぐる巻きにしている物体が何なのか初見でわかったらあなたは友人のI君本人である。

文字通り、我が目を疑うような光景、というかこの物体を見せられて度肝を抜かれるボクに友人のI君は言い放った!!!

I君「これは防音君といってな、スピーカーで大きな音を出す時に音もれして別の部屋にいる母に迷惑をかけてはいけないと思って防音用のベニヤ板を買ったんだが、もし大地震が来た時にこれが私に倒れ掛かってきて頭を打つかもしれないから、上の部分にクッションとして座布団と毛布を巻いたんだよ。こうやってな、ドアの前に設置するのだ。これ作るの大変でな。半日防音君の作成にかかりっきりだったよ

ボク「こういうベニヤ板ってそもそも家を作るときに壁の中に埋め込むもんじゃあないのかね?というか、かぶせられている座布団のせいで、防音しようにも下に隙間ができまくるから防音にならないんじゃないの?」

I君「!」



防音君、即撤去。

— posted by ボク at 12:45 pm   commentComment [1] 

タイトルに吹いた

次のNHKの朝の連続ドラマは徳島県が舞台の『ウェルかめ』らしい。

— posted by ボク at 07:42 pm  

元旦の納豆

皆様、元旦をどうお過ごしでしょうか?私といえば、実家に帰って、冷蔵庫に入っていた納豆を食ったら、その直後、妹「あれ?今納豆食べてなかった?その納豆の賞味期限何ヶ月も前に切れてるよ。危ないからずっと放置されてたんだけど」ボク「ええと、そういうものは冷蔵庫に入れておかずに捨てといてください」というわけで、現在ボクのお腹は納豆菌と他のなんだかよくわからない菌とののっぴきならない戦いが行われていると思われ、いつ新春大賑わいを見せるかわからない状況となっております。

— posted by ボク at 01:59 pm  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0290 sec.
prev
2009.1
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 








リンク集
日帰りアウトドア
もっと徳島を知ろう
食欲を抑えるダイエット
FP3級の用語と計算方法
宅建試験過去問の合格暗記
日商簿記試験の合格暗記
末広茶道教室
金剛禅総本山少林寺徳島渭東道院