『アメリカ外交とは何か』

アメリカがわかると日本もわかる。ボクが今でも思い出すのは、数年前叔父宅で観たテレビ番組で、アメリカの携帯電話事情が放映されていた時の内容だ。その番組によると、アメリカでは携帯電話会社からの報奨金が携帯販売会社に出るので携帯電話の契約を行ったら、携帯本体を無料でくれるばかりか、お金までくれるという。その頃の日本の携帯事情といえば、どの携帯電話本体でも何万円もしており(今もそれぐらいする機種もあるけど)、日本とアメリカのギャップに衝撃を受けたのだ。しかし、衝撃は続く。なんとその二年後ぐらいには、日本でも携帯電話を1円で売ったりする販売会社が出てきたのだ。あの時観た番組を思い出し、このときほどアメリカで起こったことは日本で数年後起こると実感させられたことはない。日本人であるボクが日本の将来を予想しようとしても必ず日本人であるが故のバイアスがかかってしまう。むしろ日本を考えるにはアメリカを知った方がいいんじゃないだろうか。それにしても、アメリカの孤立主義ってよく聞くけど、この本を読むまでその源泉を知らなかったボクの無知さよ。

— posted by ボク at 03:20 pm  

カバンが破れてしまった

ノートパソコン用の鞄が破れてしまった。仕事用なのでかなりハードに使っていたことが破れた原因と思われる。縫い合わせることも出来そうにないし、新しいのを買わねばならぬ。

— posted by ボク at 07:40 pm  

『アメリカ保守革命』

アメリカの共和党が中間選挙で負けて、ブッシュ大統領もイラク政策の方向転換を行うと言ってる今じゃなくて、もうちょい前に読んでおくべきでした、この本。いわゆる「ネオコン」と呼ばれる人々の考えがどうやって成立したかがこれを読めばわかる。こりゃええ本だわ。

— posted by ボク at 08:03 pm  

『考具』

近頃、こんな本ばっかり読んでる気がしますが、今日は『考具』を読みました。内容としてはフォトリーディングとかマインドマップ等、アイデアについて考える時の思考ツールの紹介。こういう思考ツールって知っているのと知っていないのとでは徒歩とロケットぐらいの差がありますな。詳しくは参考文献を読むとして、こういうテーマでさまざまな技術を一挙に紹介しているのはいい着眼点だなあと思います。こういう思考ツールに限らず、例えば実生活を送る上で社会心理学の知識などをある程度知っているか知っていないかは、剣道において竹刀を構え防具をつけている人に対して、素手且つ無防具で試合するのと同じぐらいの差がある。ボクだったらそんなに無防備な状態で世間を渡って怖くないのか不思議でならない。ほんと知っているか知っていないかだけで、だいぶ違うことは世の中には結構あるもんです。

— posted by ボク at 05:02 pm  

卓上蛍光灯に寿命が来たかも

事務所で使っている卓上蛍光灯にとうとう寿命が来たようだ。ボタンを押してもつかないので、コンセントを指しなおしたらつくもすぐに消えてしまった。感触としては接触とかそういう問題ではなさそう。可能性としては蛍光灯自体の寿命も考えられるが、蛍光灯の寿命が来る時って段々暗くなっていく感じだが、今回の場合、つくときはきれいにつくのだが、消えるときは一気に消えるので多分本体に問題があると思われる。この卓上蛍光灯は大学に入学した時に買ったものなのでもう10年選手だ。買い替え時かな。

— posted by ボク at 09:46 pm  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.3748 sec.
prev
2007.1
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 








リンク集
日帰りアウトドア
もっと徳島を知ろう
食欲を抑えるダイエット
FP3級の用語と計算方法
宅建試験過去問の合格暗記
日商簿記試験の合格暗記
末広茶道教室
金剛禅総本山少林寺徳島渭東道院