犬は壁には登れない。

散歩中、犬が猫を発見した。彼はものすごく猫が好きであり、しっぽを振りながら猛ダッシュ。しかし足が短いので追いつくこともなく、猫は壁に上った。目線が低いためか、彼は壁の上にいる猫に気づかず、急に視界から消えた猫を探しまくっている。その状況に軽蔑の視線を送る猫。あまりにも間抜けなので、ボクが猫を指差してどこにいるか教えてやると、彼は壁を登ろうとした。しかし、犬は当然壁は登れない。もがくもがく。なんとも間抜けであった。

— posted by ボク at 08:13 pm  

 

チューブトレーニングやりすぎた。

昨日、通販で届いたチューブLink で鍛錬していたわけですが、途中でビスケット・オリバが憑依したため完全にオーバートレーニング。背中が痛い。

— posted by ボク at 10:04 am  

人と人との距離感

注意!これはこのブログを読んでいる人に対して書いていることではありません。だからこれって自分のことを書いてるんじゃないか?とこの文章を読んで思った人、それは違いますんでそこんところよろしく。気を悪くさせないためにこのような注意を書いてるんじゃなくて、ほんとに違うからです。しつこいようですが、ほんとに違う。具体的にはこれはボクの友人・先輩・後輩・仕事関係者・お客について書いていることではない。===========================================世の中にはTPOというものがある。これと同じようにAという人とBという人が友人だった場合、Aは単に道で挨拶を交わすだけのCとBとの会話の内容や対応方法などが同じだったらAは単に変な人である。つまり自分と親しい人と親しくない人とでは対応方法が違うのが当たり前だし、またそうでなければまともな人間関係など構築できない。たとえば挨拶を交わすだけのCをAがいきなり友人に話しかけるように呼び捨てにしたらCは怒るだろう。また逆に友人であるBにAがよそよそしい態度を取ったらBはAがなにか含みを持っていると考えるだろう。また、仮にBとCが実は友人であったとしてもAは自分がBと友人だからといってAがCにBと同じような態度をとったらやはりCは気を悪くするだろう。つまり人と人との距離感は人それぞれすべて別々のものなのだ。こんなのは当たり前のことである。しかし、世の中にはそれがわからない人がいる。何か人間関係でうまくいかない人はこれをもう一度考え直すべきだ。あまりにも自分の人間関係がうまくいかない場合、それは回りが悪いんじゃなくて自分に問題がある可能性がある。

— posted by ボク at 05:37 pm  

 

今日は妙にいうことを聞く

本日は雨が降っていたため、帰ってくるとかなり腹の辺りが汚れていた。もちろんボクの腹じゃなくて犬のね。というわけで洗った後、ドライヤーで毛を乾かしたわけだがいつもはなかなか腹を見せないため手間取るのだが、今日はあっさりと腹を見せた。彼自身濡れて寒かったからドライヤーをしてもらいたかったのかもしれない。

— posted by ボク at 03:57 pm  

 

松本被告の精神鑑定結果の影響

松本被告の精神鑑定が行われているようで。http://www.asahi.com/national/update/0130/TKY200601300071.htmlLink Link (asahi.com)松本被告の精神状態については詐病であるという説とそうではないという説の大きく2つの意見があるわけで。

1 of 212Next»

— posted by ボク at 12:53 pm  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0229 sec.
prev
2006.1
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 








リンク集
日帰りアウトドア
もっと徳島を知ろう
食欲を抑えるダイエット
FP3級の用語と計算方法
宅建試験過去問の合格暗記
日商簿記試験の合格暗記
末広茶道教室
金剛禅総本山少林寺徳島渭東道院