義妹と占いに行く

義妹は妹なのにボクより年上なわけだが、そんな義妹は占いが大好物である。

ボクといえば、小学校の頃、ものすごく占い的なものが好きだったが、今では全く興味を失ってしまった。なので、大人になっても占い好きな人を見ると、完全に上から目線で、それはボクが小学生の時に通り過ぎた道、みたいなことを思ってしまう。

まあそんな占い大好き義妹と全否定のボクという対極にある二人が、当然義妹の提案で占いに行くことになった。というかまあ、ボクは占ってもらうというより運転手である。

なお、なぜボクが連休中に義妹と行動を共にしているかといえば、義妹の姉、つまりボクの妻が東京に旅行に行き、その間の犬の散歩という最大のミッションをボクに丸投げしていったため、妻宅に行く機会が多いからである。

で、某占いをしてくれる店に行き、早速義妹が占ってもらっていると、中年女性(50歳から55歳ぐらい)3人組が入ってきた。

いろいろと店の人と彼女等が話しているのが耳に入ってきたのだが、

中年女性「夫との相性を占って欲しい

という発言まで飛び出すにおよび、ボクはいまさら長年連れ添ってきたと思われる夫との相性を占ってどうする気だ、というか長いこと一緒にいたら占わなくても相性ぐらいわかるだろ、てか完全にこの人離婚する気じゃねえか、と心の中で叫んでいた。

そんなこんながありつつも、結局義妹が義妹本人・ボク・義弟の三人を占ってもらったのだが(ボクの妻が占いに入っていないのは、下手にボクと相性が悪いとかいう結果が出ると妻の機嫌を損なうおそれがあるためであり、この占いは口頭で説明してくれるけれどもプリントアウトした物をくれる形式をとっている)、ボクや義妹の結果には「最高の徳と幸運」とか「生涯安泰」「お金と衣食住の星」等いくつも良い事ばかり書いてあるのに、義弟は

「言葉にトゲ・陰湿」

と、完全に悪口としか思えないことが一つ書いてあるだけだった。嘘でもいいからちょっとぐらいいいのを書く必要があるのではないか。

— posted by ボク at 10:06 pm  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.1013 sec.
prev
2009.9
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 








リンク集
日帰りアウトドア
もっと徳島を知ろう
食欲を抑えるダイエット
FP3級の用語と計算方法
宅建試験過去問の合格暗記
日商簿記試験の合格暗記
末広茶道教室
金剛禅総本山少林寺徳島渭東道院