偉大なる記録を刻んだ友人のI君

今日、2009年8月31日は友人のI君が偉大な記録を残した記念すべき日である。だが、これはI君のプライバシーに関わることなので書けない。

ここでこう書くと、ネタ的ニュアンスをぷんぷん感じさせてしまうが、ネタでもなんでもなく、I君が行ったことは友人であるボクも誇らしい。

リアルなことを書くと、ボクはものすごく楽観主義なので、I君はなんだかんだで今日この日を偉大な記録の日として迎えられると思っていたのだが、ボクの身内、端的に言えば妻とか義母とかは、

妻「I君がどうにかなることはない」

義母「あの子(I君)はもう、しゃあないわ」

等のありがたいご神託をボクに授けていた。I君を深く知る人ほど、そういう認識を持ってしまうことをボクは否定しないし、I君もそういう意見に対してこれまでは反論する根拠がなかった。

しかし、それが間違いだったことをボクは強く彼女等に伝えたいと思う。

人間は常に意志によって変われるのだ、と。

本当に素晴らしい。

— posted by ボク at 11:59 pm  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0623 sec.
prev
2009.8
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 








リンク集
日帰りアウトドア
もっと徳島を知ろう
食欲を抑えるダイエット
FP3級の用語と計算方法
宅建試験過去問の合格暗記
日商簿記試験の合格暗記
末広茶道教室
金剛禅総本山少林寺徳島渭東道院