車庫証明シールのはがし方

普通車を買うと車庫証明を取って車に車庫証明のステッカーを貼らないといけないのは自動車を持っている人だったら皆知っていると思う。なお、軽自動車の場合は、「保管場所届出」であり、この届出をしなければならない地域は限られているんだけど、徳島市はがっつり届出をしないといけないのだ!あのシールの正式名称は「保管場所標章」というイカす名前なんだが、せっかく手続きをしてこれを貼っていても駐車場の変更とかした時には手続きをしてまたこのシールをゲットした後、すでに貼ってあるシールを剥がしてから、新しいのを貼りなおさないといけない。ここで注意すべきは、「保管場所標章」は多分悪用防止のためだろう、きれいに剥がそうと頑張ってもきれいには剥がれないようになっている、つまり再利用できないようになっているのだ(多分)。にもかかわらず新しいのを貼るためには前に貼ってあるのをきれいに取り除く必要がある。そのやり方をここに記す。なお、ボクの車の後ろのガラスはスモークみたいな感じになっていてしかも熱線が張り巡らされているので、内側に貼ると「保管場所標章」が見えにくいから外側に貼っていた。へてから、黄色の部分は番号が入っていたので写真では合成して黄色で見えなくしてるけど、実際にはもちろん、黄色で隠してなんかおりません。1外側の透明シールの部分をはがすのは爪で頑張ってみる。時計で言えば2時のあたりに少し剥がれているところが見えると思う。これは爪で頑張ってみた。


2爪ではがした部分を引っ張って剥がす。こんな感じになる。この外側の透明シールは結構きれいに剥がれるのだ。しかし本来の敵はこの下の本体部分である。


3標章本来の部分をある程度爪で頑張ってはがすこれはわざとそういう作りにしていると思われるのだが、透明シールのようにきれいには剥がれず、紙の部分が汚く残る。


4ベンジンをかけて剥がれやすくするこの部分はある程度ふやかしながらでないときれいには剥がれないと思う。実際にはこの段階ではベンジンではなく水でもかまわないかもしれないが、粘着部分をきれいに取ってしまうためにもボクはベンジンを含ませた布でふやかしつつ、爪でこすりとった。5全部剥がしたらべたべたする粘着部分をきれいに除去するために再度ベンジンを含ませた布で拭くベンジンで拭くと跡形もなくなくなった。


6水をかけて布で拭く再度同じ位置に標章を貼るためにガラスの部分を水で洗って布で拭いてみた。ここまですれば汚れはなくなっているので、後は標章を貼るだけである。で、この作業をやっていて思ったのだが、引越しをする予定がある人は、標章は内側からではなく外側から張って置いた方が取る時に便利なんじゃないかと思った。あれは透明シールをちゃんと貼っておきさえすれば早々はがれるもんじゃないし最悪剥がれてしまっても再交付でどうにかなるわけだけど、内側に貼っている場合は水でじゃばじゃば洗うわけにもいかず困るだろうし。なお、警察に聞いてみると、前の上に貼り付けるのはダメで、前のを剥がしてから貼らなければならないとのこと。ボクは何度か車庫証明を取ったことがあるが、初めて取る時しかやったことがなかったし、標章自体はボクが貼るわけじゃないから、現在貼ってある標章をどうするかは今の今まで知らなかった。で、やっぱり法律上の根拠を知りたいので「自動車の保管場所の確保等に関する法律」を読んでみたら確かに前のを剥がしてから新しいのを貼らなければいけないと書いてある。ふーん、ちゅうか、へーって感じでした。

— posted by ボク at 08:52 pm  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0914 sec.
prev
2007.5
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 








リンク集
日帰りアウトドア
もっと徳島を知ろう
食欲を抑えるダイエット
FP3級の用語と計算方法
宅建試験過去問の合格暗記
日商簿記試験の合格暗記
末広茶道教室
金剛禅総本山少林寺徳島渭東道院