笑うポイント

知人にテレビ番組の構成作家を目指し、その専門学校に行っている男がいる。その彼が先日、ショートコントをメールで送ってきた。そのネタをボクのポッドキャスティングでやってほしいとのこと。しかし、非常に失礼ながらボクにはそれがおもしろいとは思えなかったため没にした。ちなみに彼によれば芸人さんが実際にやった時は結構うけたらしい。ならばこれが面白いと思わないボクの感覚がずれているのかもしれない。だが、ボクはこういうことに関しては他人に同調することはない。あくまで自分が面白いときにしか笑わないし、まったく誰も笑わないときでも爆笑してしまう時もあるが気にしない。もちろんみんなが笑うポイントでボクにとっても面白ければもちろんボクも笑う。人と違うことをわざとしようとしているんじゃなくて、単にマイペースなだけである。というわけで他の誰でもなく、ボクを爆笑させるようなネタを送ってください。ボクにとってはそれが一番重要だ。

— posted by ボク at 01:55 am  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.5656 sec.
prev
2006.9
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 








リンク集
日帰りアウトドア
もっと徳島を知ろう
食欲を抑えるダイエット
FP3級の用語と計算方法
宅建試験過去問の合格暗記
日商簿記試験の合格暗記
末広茶道教室
金剛禅総本山少林寺徳島渭東道院