ドラゴンボール化計画

2 of 212
ボクは身近な人には何度か言った事があるが、これからは自然環境と人間の生活のことを考えると、新たに自然をつぶして開発するのではなく、今住んでいるところ、つまり都市部を再開発するなどして生活環境を整えるほうがいいと思う。なぜなら、都市部はすでに自然などはないため、再開発したところで自然環境に与える影響は現状、自然環境が残っているところよりは少ないからだ。ボクはこれを小学校か中学校の時、漫画の『ドラゴンボール』を読んでいたときに思いついた。ドラゴンボールの世界は都市はものすごく発達しているが、その都市部から一歩外に出ると恐竜さえいるような世界である。あの世界こそがある意味人間と人間以外の生物達の共存という点でベストのように思う。んで大人になって日経新聞だったと思うが、その有識者が書いているコラムのようなものにボクと同じ考え(つまり人間は都市部に集中して住み、そこを開発すること)を持っている人が寄稿していた。賢いと思われる人がボクと同じことを考えているとなるとボクの考えもそれほどずれているわけではなさそうだ。なんにせよ徳島はどこに出しても恥ずかしくない田舎なのでボクが言う資格はないのかもしれないが、田舎に住むというのは日本の場合、それだけである意味贅沢だ。なぜなら、空気はきれいし、食べ物も産地のものを食べられる。にもかかわらず田舎が不便だからといっていろんな自然をぶっ潰して開発していくのは自然環境とインフラの二重取りになりずるく感じる。しかもその原資が地方交付税交付金という自分達が支払った割合がものすごく低い金で行われるとなると、なんともはやって感じだ。つまり田舎に住むのはそれだけで贅沢を享受しているのだから、インフラが整ってないのは我慢せねばならないと考えているわけです。もちろんボクはすべての公共開発などが悪いといっているわけではなく、徳島もすべての場所がドラゴンボール的なわけではない。だから徳島なら駅前周辺とかその辺を再開発するなどして生活環境レベルをあげていけばいいんじゃないかな。後、山林整備はあれはあれでやらないとめちゃくちゃになってしまうし、そもそも日本の山はほとんど手が加えられてるからこれからも人が入ることは必要ですが。まあなんにしても、人間が生活する上でインフラはもちろん大事だが、それ以上に自然を何とか残していかないと自然自体がなくなった場合人間自体も滅ぶ可能性がかなりある。当然生活環境より命が大事なのだから、ある程度の我慢は必要だと思うわけです。または我慢がいやなら都市部に引っ越すと。で、結局これを実現しようと思ったら日本人の一戸建て持ち家信仰を変えないとどうにもならないわけですけどね。
2 of 212

— posted by ボク at 01:25 pm  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0988 sec.
prev
2005.12
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 








リンク集
日帰りアウトドア
もっと徳島を知ろう
食欲を抑えるダイエット
FP3級の用語と計算方法
宅建試験過去問の合格暗記
日商簿記試験の合格暗記
末広茶道教室
金剛禅総本山少林寺徳島渭東道院